HOME>老舗らしい味>老舗らしい味

懐かしさもある

板橋区役所前駅界隈で“老舗”として人気の洋食屋が【グリルふじ】です。レトロな建物も魅力ですが、1970年創業というだけあって、区民から愛されています。場所は都営三田線「板橋区役所前駅」A1出口から徒歩数分ですから、近くで働いているサラリーマンもランチに訪れるといいます。グリルふじの定食はどれもボリューミーで、価格も650円~800円台だから、薄月給の労働者の味方みたいです。イチオシは、チーズメンチカツ(800円)で、サクサクの衣に、ジューシーなミンチ肉とトロンとしたチーズが流れ出てきます。老舗となるだけあって、区民に愛される安定感、万人受けする美味しさがあります。もちろん、肉より魚派にはミックスフライ(800円)もおすすめで、サケやイカ、アジフライをたっぷりのタルタルソースで頂くようです。営業時間はランチ11:00~14:30、ディナー17:30~21:30です。同じく“老舗”となる洋食レストランが、板橋区熊野町にある【オオタニ】で、1965年から営業しており、カウンター10席から切り盛りしています。お客さんの意見をメニューに反映してきたことから有名なレストランに成長したようです。ハンバーグステーキ・玉子(980円)や特大エビフライ(2550円)など、幼い頃に食べに来ていた人も、その後、2世代、3世代で食べに来ていて、リピート率が高いレストランでもあります。オオタニの支配人はソムリエとしてのスキルもあるので、グラスワインと楽しめるディナータイムにも利用したいお店です。